2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

instagram

 2009年12月7日に頂きました♪ 

  • 「Cool Dog Site of the Day JAPAN」border=

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 真夏の京都 その① | トップページ | 豊洲で Dog Festa »

真夏の京都 その②

その①の続きです・・・

2日目も朝からジリジリと焼け付くような暑さでした。 

クーラーの効いた部屋でまったりするマロン。

テーブルの下、同化しちゃってるこのマットが定位置です。

Imgp3281

お墓参りは少し陽が傾いてからにしましょう、ということで私はマロン連れでお友達のところにちょっと遊びに行きました。

   Imgp3292

近くまで行ってこのお寺でチッチ。・・・じゃなかった、パチリ。信長さん、写らないでねshadow

ちなみにここはワンコお散歩NGでした。

元祖プードラーの友達にもてあそばれ

   Imgp32862

段々慣れてきてリラックス~

   Imgp3283

デヘッnote

すっきりと片付いた部屋がうらやましい・・・think

Imgp3287

おしゃべりしていたら、あっという間に帰る時間です。

Imgp3288

こちらの屋上も今晩は送り火有料鑑賞席になるとのこと。

昔は実家の屋上からも見ることができたのに、回りに高い建物が建ってしまった今は難しくなりました。

友達と別れた後は、回りのお店を見て少し買い物などしました。

Imgp3293 Imgp3295

食い意地の張ってる飼い主、錦小路市場を素通りすることはできません。

Imgp3297 Imgp3300

黒豆きな粉ソフトはほんのり豆の味がして美味pig

ほんの1時間足らずのまち歩きで、たまたま入ったいくつかのお店の方がマロン連れの私にいろいろ話しかけてくれました。

「うちは4頭のヨーキーが家でお留守番してるんです」とか

「19歳のシーズーがそこに寝てますよ~」とか言ってお店の奥の居間から連れて来てくれたり。。。

ワンコを飼っている大変さを口にされますがまんざらでも無さそうで、愛しいワンコを思う気持ちが伝わってきます。

ワンコ連れだと入れないところもあるけれど、それ以上にいつもなにかしら素敵なふれあいを運んでくれるマロンですheart04

さて、3時過ぎにうちを出てお墓参りに向かったら道中は雨、あだし野のお寺についたらほぼやんでいて気温も涼しくなり、あたりは雨に濡れていい雰囲気に。

あまり京都らしくはないのですが、鄙びた感じで大好きな景色です。

   Imgp3318_3

反対側、ずっと奥に京都の市街地が見えます。

   Imgp3317

檀家用の裏口から入ると拝観料はいりません。

・・・が、ここにもワンコNGの鬼看板が!

   Imgp3321

よく読むと、犬の運動散歩は禁止と書いてあります。

マロンはお墓参りに来たんだもの、お散歩じゃないものねsign01wink

おびただしい数の石仏がずらりと並ぶ光景が有名なこちらのお寺ですが今回はそちらまで行ってないので写真はありません。

代わりにすぐそばにあった六波羅地蔵

   Imgp33082_2

既に落ちていた栗とツーショットgood

Imgp3306

この後は車で数分の兄の家で少し休憩して嵐山のお店に食事に行きました。

マロンは少しの間ききょうちゃんcatとお留守番です。

Imgp33582

嵐山まで出ると大文字見物の人、人・・・

このあたりの駐車場は一旦入庫すると送り火が終わる9時まで出庫することができなくなる為、早めに帰る予定の私達は裏通りコインパーキングを見つけ、やっとこさ駐車することができました。

この時点で暗くなってしまい外の写真撮影は放棄down

晩ご飯は嵐山 百足屋で。

Imgp3331

この黒豆おこわ、とても気に入りました。

Imgp3329

食べ終わったら兄の家に戻ってマロンをピックアップ。

そして見に行ったのは広沢の池の灯篭流しです

Imgp3332

場所によっては向こうの山に五山送り火のうちの鳥居形が見え、とても風情があります。

Imgp33462

しょぼい写真しか無くてすんませんsweat01

こうして見ると綺麗な嵐山の写真が全くありませんでしたcoldsweats02

コンデジの調子もイマイチで、いよいよ買い替え時かも知れません。

最後にお土産を。

Imgp3373

黒豆三昧な日々でした。

« 真夏の京都 その① | トップページ | 豊洲で Dog Festa »

帰省・京都」カテゴリの記事

コメント

まぁ、あだし野にお墓があるんですか。
昔(25年位前)に行ったことあります。
素敵なところですよね。
いいな、京都がご実家っていうのは羨ましい。
マロンちゃんも連れていかれていいなぁ。

その時、駅で自転車借りて嵐山のあちこち回りました。
そういえば、あだし野よりもっと山奥に、狭くて長いトンネルあるでしょう。
一車線しかないから交互通行で、当時は真っ暗で、
借りた自転車に電気がついてなくて、すごく怖かったです。
あんなに怖いトンネルはその後も私にはなくて、トンネルに入るとよく思い出します。

dogべべさん
あだし野、落ち着いていていいところだなぁ
と改めて思いました。
私もゆっくり自転車でまわりた~いnote
そのトンネルはなんとなく記憶の彼方に
あるような、ないような・・・
すみません、かなりご無沙汰だったもので。
しかし危険なトンネルですねdanger
25年前ですか・・・今あるかどうかthink
この先の高雄パークウェイにドッグランがあるそうで、
いつか行くつもりなのでチェックしてみます。

すみません、私のトンネルネタの続きです。
25年位前のことを思い出し、あだし野から奥の愛宕念仏寺の先に「清滝トンネル」という名のトンネルを地図で見つけました。
たぶん、このトンネルです。
で、調べたら、なんとこのトンネルは京都霊場スポットの5本の指に入る清滝の幽霊トンネル なんですって…。
今は電気がついているみたいですが25年位前に私と主人が通った時は真っ暗だったの…それとも…もしかして幽霊さんのせいで電気が消えていたのかしら?
きゃー怖ーい。
本当すみません、ワンコネタじゃなくて。

dogべべさん
こわいトンネルだったんですね~。
何度か通ったことのある道ですが記憶が・・・down
ちゃんと確かめてみたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224149/42243585

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の京都 その②:

« 真夏の京都 その① | トップページ | 豊洲で Dog Festa »